home/結婚式

結婚式

青き杜から始まる二人だけの物語

青森市発祥の歴史にいだかれて鎮座する
善知鳥神社にて、厳かな結婚式を
挙げられてはいかがでしょうか。

“新郎新婦”
“新郎新婦”
“新郎新婦”

挙式概要

挙式料

挙式のみ:60,000円

雅楽生演奏付き:100,000円
(雅楽演奏は祭典の都合によりお受けできない日もございますので、御了承願います。)

会場

善知鳥神社拝殿

所要時間

30分

参列人数

40名様まで(友人可、41名以上応相談)

着付け室

有り

参列者控え室

有り

駐車場

有り

衣装・カメラマン持ち込み

可(挙式料に衣装・カメラマンは含まれておりません。)

ご見学・お申し込みについて

ご見学、お申し込みのご予約を承っております。メールでのお問い合わせをお願いいたします。

式次第

〜参進〜

参集殿前に整列。 静粛なお気持ちでお宮へ参ります。

“参進”

〜修祓〜

式を始めるにあたって 神様に失礼のないように 式場と参列者を祓い清めます。

“修祓”

〜祝詞奏上〜

結婚のご報告をし 幸せな結婚生活を願う内容を申し上げます。

“〜祝詞奏上〜”

〜豊栄の舞〜

朝日の清々しく天に昇るように 華々しい未来を願って 神楽を奉納いたします。

“〜豊栄の舞〜”

〜三献の儀〜

大中小三枚の盃を飲み交わし 夫婦の固い契りを結びます。

“〜三献の儀〜”

〜指輪交換の儀〜

現代的な夫婦の契りと言えるでしょう。 (省略されても差し支えありません。)

“〜指輪交換の儀〜”

〜誓詞奏上〜

神様に対して 新郎新婦が誓いの言葉を申し上げます。 朗々とご発声ください。

“〜誓詞奏上〜”

〜玉串奉奠〜

玉串をお供えし、二礼二拍手一礼。 最も正式な拝礼作法でございます。 (新郎新婦、仲人、親族代表の順)

“〜玉串奉奠〜”

〜親族盃の儀〜

両家親族が 互いに親族となる誓ひの盃を交わします。

“〜親族盃の儀〜”

〜神前一拝〜

式を滞りなく申し収めたことを 一礼をもって挨拶します。

“〜神前一拝〜”